暇人日誌

理系大学生が自分の趣味のことを書いています。

本の紹介をするブログをつくりました!

「あまの読書」というブログで本の紹介をしていくことにしました。理由は色々とあります。

URLはこちらです

https://qoobee.hatenadiary.com/

 

最近、記事の内容が迷走してしまい、さらには投稿をサボっているという状況が続いていました。それでもアクセス数が0にならず、来てくださっている方がいました。

もし私の記事にまだ興味を持ってくださる方がいるなら是非見てほしいです。

今日の22時に投稿します。

これからもよろしくお願いします!

 

 

 

おすすめ小説を短く紹介!

お題「#おうち時間

 

緊急事態宣言が出されたことにより、家にいる時間が非常に長くなっております。さらに、元々5/6に終わると言われていた緊急事態宣言は延長されるみたいです。

おうちでの時間は楽しく過ごしたいですよね。

 

最近の私のおうち時間は、小説を読むことに使っています。本当は論文を読んだり、就職活動について調べたりしないといけないのですが、誰にも注意されていないためサボっています。

 

今回の記事では、最近読んで面白かった小説を1冊につき400字以内で3冊紹介します。おうち時間の使い道に困っている人は是非読んでみてください!

 

火車 宮部みゆき 

 主人公は休職中の本間という刑事です。本間の甥である和也の婚約者の関根彰子が失踪し、本間が捜索を頼まれるということから物語は始まります。彼女を捜索している内に、関根彰子という名前の女性は全くの別人であることが判明します。一体何が起きているのでしょうか?

背景には「自己破産」がありました。

推理小説でありながら、「自己破産」という経済小説のような題材も扱っています。クレジットカードという発明により自己破産に陥りやすくなった現代。自己破産をしてしまう人達はお金にだらしない人たちとは限りません。彼らの苦悩が宮部みゆきさんの表現力により、分かりやすく伝わります。

読者が絶対に予想できないような展開に背筋がぞわぞわしてしまう小説です。

 

死神の精度 伊坂幸太郎

 1週間の間、調査として対象者と接触し、彼らの死に可否の判断を下すというのが死神の仕事です。主人公は死神の千葉です。

千葉は仕事に情熱があるわけではありませんが、与えられた仕事はまじめにこなします。

この小説は6つの章に分かれていて、一つの章につき一人の対象者を千葉は受け持ちます。対象者それぞれの人生における死ぬまでの人間ドラマや悩みを見ることが出来ます。一つの章だけで一つの話が完結してるので、長い小説が苦手な人におすすめです。

人の感情を理解することはできませんが、クールでミュージックが好きであるという親しみを持てる主人公のキャラクターも魅力的です。

 

きらきらひかる 江國香織

 「ホモの夫」の睦月と「アルコール中毒で情緒不安定な妻」の笑子の夫婦の物語です。

 睦月は女性を抱くことは好まず、子供をつくることはできませんが、良く癇癪を起してしまう笑子を優しく支えます。2人は、お互いの普通とは違う部分を許し合い、満足な生活を送れるはずでした。

しかし、世間は認めてくれません。2人の事情を考えず、子供をつくるべきだなどと一般的な人たちの生活を強いようとしてきます。

逆風の多い世の中で二人はどうなっていくのでしょうか。

 幸せの形は人それぞれであるということを再確認させられる小説です。

 

 

今回は、『火車』『死神の精度』『きらきらひかる』の3冊を紹介しました。今回の記事での評価が良さそうでしたら、また別の小説も紹介していきたいと思います。

 

 

「酒でアルコール消毒だ!」は冗談ではない

「酒でアルコール消毒だ!」は冗談ではない

「酒でアルコール消毒だ!」

という冗談を飲み会の席などで一度は聞いたことがある人は多いと思います。

しかし、これは本当のことです。

厚生労働省によると、消毒用アルコールの代わりにアルコール度数の高い酒を使うことが出来るそうです。

新型コロナウイルス感染拡大により、消毒用アルコールが不足していることから、このような見解を示したそうです。

有害なメタノールを含まないエタノール濃度70~83%の酒が使えるらしく、エタノール濃度が高すぎても効果が落ちます。

そして、こうした見解から意外な企業がこの消毒用アルコール不足に協力しています。

 

高知県の酒造メーカーが協力

消毒用アルコール不足を救うために、なんと高知県の酒造メーカである菊水酒造がある商品を出しました。

その名は「アルコール77」です。

「消毒や除菌を目的に製造されたものではありません」

と記されているようですが、厚生労働省が消毒用アルコールの代替品として認めたアルコール度数70-83%などの規定を満たしており、消毒用アルコール不足を救うために出されたものとしか思えません。

春田和城社長

酒類原料である醸造アルコールは潤沢に流通しているのに、同じエタノールである消毒用アルコールや除菌用アルコール製剤が手に入らない状況が長期化している事に対し、酒類メーカーとして何かできるのでは無いか?と考えたのが開発のきっかけでした」

と言っています。需要が高まっている消毒用アルコールが補充されれば、喜ぶ人がたくさん出てくるでしょう。

 

色々な方面の人たちが今の日本の現状を救おうと協力している一つの例ですね。買占めなんてできません!

 

 

おまけ

「酒でアルコール消毒だ!」という冗談ですが、なんとあの有名な太宰治の小説である『人間失格』にも使われています。

f:id:qoobee:20200414233636j:image

アル中の人が同じような意味のことをお酒を飲む口実として、冗談で言っていました。と言うことは、この冗談は昭和初期から既にあったようですね。

何回聞いても笑えるみたいな言葉のようには思えませんが、きっと使いやすいんでしょうね。

 

参考文献

https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/消毒用は酒などで代替可、厚労省が見解「手洗いが確実」/ar-BB12A2mg?ocid=spartanntp
 

https://news.livedoor.com/article/detail/18091776/

 

人間失格

 

 

安倍首相と星野源がコラボ!批判多数!?

星野源さんの「うちで踊ろう」という楽曲が話題になっています。

これにより、多くの有名人たちがコラボしてきました。

その有名人の中には、あの安倍首相もいます。

このツイートに関して多くの批判が挙がっているようです。なぜ、安倍総理が他の有名人たちと同じようなことをして、批判を受けるのでしょうか。

臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖さんの心理学的分析についての記事『安倍総理星野源“コラボ動画”心理学専門家が挙げる賛否両論の理由「捉え方の余白が多い」』(https://news.livedoor.com/article/detail/18114703/)を紹介します。

「怒鳴り散らしてこぶしを振り上げるハゲリーマン」の写真[モデル:サンライズ鈴木]

なぜ安倍首相はこんなにも批判を受けるのでしょうか。

 

好感度の高い人と並ぶ

星野源さんは好感度の高いアーティストです。対して、安倍首相は国のトップであり、人に批判されやすい立場にいます。この好感度のギャップにより、より安倍首相が批判されやすくなっているのだと考えられます。

 

捉え方の余白が多い

今回の安倍首相の動画では、安倍首相が愛犬を抱き、優雅に飲み物に口をつけ、テレビを見るというだけのものなので、これにどのようなメッセージ性を見出すかは人それぞれです。解釈の余白が多く、推測にゆだねることが多いです。これにより、マイナスのイメージが入り込みやすくなったと考えられます。

 

他者視点の欠如

この動画を出せば、批判の意見が出ることは予測できることでしょう。それでも、この動画を上げてしまったという他者視点の欠如も原因の一つです。

 

これまでの不満の噴出

既に今までの安倍首相がやってきたことに関してマイナスの感情を持っている人は多くいます。きっかけがあれば、何か批判してやろうと構えている人も多かったと考えられます。

 

また、藤井さんはこうとも言っています。

批判する人が声を上げやすい一方で、良いと思っている人はあまり声を上げないという傾向もある。そこは冷静に見ないといけない」とも説明した。

否定の意見ばかりではなく、賛同している人もいるということには気を付けるべきでしょう。

 

感想

私個人の意見としては、この動画を見ても悪い気分にはなりませんでした。安倍首相は、私たち一般人と比べても、はるかに国のことについて考えているはずです。そんな人が「みんなの外出自粛を促せるんじゃないか」と頑張って考えた動画だと考えるだけ応援したくなります。

安倍首相やその他大勢の人達の努力が実り、コロナに脅かされる前の社会に戻ることを願っています。

 

参考文献

https://news.livedoor.com/article/detail/18114703/

 

 

北朝鮮「感染者ゼロ」??なぜ??

世界中でコロナウイルスの感染が広がっている中、北朝鮮は「感染者なし」とアピールしているそうです。

多くの感染者がいるであろう中国と隣接しておきながら、そんなことがあり得るのでしょうか。

海外の国も「そんなことがあり得るのだろうか」と疑っているようですが、北朝鮮には厳しい情報統制があるため内情をしることは難しそうです。

 

これが本当なのか嘘なのかは分かりませんが、北朝鮮のこの豪語の理由を考察した記事があります。

今回は、東洋経済の解説部コラムニストの福田恵介さんの記事である『北朝鮮が「感染者ゼロ」と豪語する裏の事情』(https://toyokeizai.net/articles/-/343088)という記事を紹介します。

「0(ゼロ)」の数字(人文字)

 

なぜ感染者数を抑えれているのか

北朝鮮と他国とのコロナウイルス対策の大きな違いは行動の早さです。早いうちから以下のように対策していったようです。

  • 中国との国境封鎖
  • 鉄道と航空便を停止
  • 外国からの入国者を隔離
  • 手洗いやマスクの使用方法の紹介

外国からきて隔離されている人々のことを「医学的監視対象者」とよび、これらは感染者のことではない。

3月に入って隔離機関の1か月が過ぎました。ここで、北朝鮮は感染防止に関して自信を付けたのではないかと言われています。

 

完全に私個人の意見ですが、もし北朝鮮の「感染者ゼロ」という発言が嘘だったとしても、明確にばれていないということは、他国と比べて感染拡大を抑えられているということではないでしょうか。やはり行動の早さ、人の移動量の減少、手洗いマスクは重要なようです。私たちも北朝鮮から学べることがありそうです。

 

コロナウイルスによる北朝鮮の幸運

幸運の招き猫

コロナウイルスにより、北朝鮮にはいくつかの幸運があったようです。

米韓合同軍事演習の中止

毎年春にアメリカと韓国が合同で軍事演習をしています。今年、コロナの影響でこれが中止となりました。この軍事演習を脅威としていた北朝鮮にとって、大きな経済負担がなくなります。

経済制裁の緩和

現在、北朝鮮へのアメリカ主導の経済制裁が続いています。このうち、コロナ対策という人道的な理由から、医療支援品を制裁対象品目から解除するという動きが出始めているようです。

 

コロナウイルスによる北朝鮮の不運

「目の前を横切る黒猫」の写真

さすがに良いことばかりではありません。北朝鮮にもコロナによる悪影響はあります。

地下資源の需要の減少

北朝鮮の輸出品目のうち、最も重要なのは、石炭や鉄鋼などの地下資源です。コロナ感染拡大により世界経済が悪化しているため、これらの地下資源の需要は減り、値段は下がっています。北朝鮮の外貨収入は減るでしょう。

労働者の賃金減少

北朝鮮は外国へ労働者を派遣しています。世界経済が悪化すれば、当然彼らの賃金は下がりますし、職の数も減ります。これも北朝鮮の外貨収入の減少の原因となるでしょう。

 

「感染者ゼロ」を豪語する理由とは

北朝鮮も以上の状況を厳しく認識しています。こうして自分たちが生み出した成果を豪語することによって、外交・経済的難関を克服するために国民を鼓舞しているようです。

 

参考文献

https://toyokeizai.net/articles/-/343088

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012375961000.html

https://www.afpbb.com/articles/-/3276835

 

 

考えさせられる小説その2!『コンビニ人間』

今日、江國香織さんの『きらきらひかる』を簡単に紹介してみたのですが、思ったよりアクセス数が伸びました。400字程度ですぐに読めるので、ぜひ記事を見てみてください。

qoobee.hatenablog.com

 

コロナウイルスで暇な方も多いと思うので、もう一つ考えさせられる小説を読みたい方にお勧めな小説を紹介します。

村田沙耶香さんの『コンビニ人間』です。

f:id:qoobee:20200409235012j:image

主人公は彼氏無し36歳のコンビニバイトをしている女性です。美味しい食べ物を食べたいとか恋愛をしたいなどの欲を一切持っておらず、コンビニ店員として働いているときにだけ社会の歯車として動いているという感覚を持ち、満たされることができるという女性です。

一般的に36歳の女性であれば、すでに結婚していて専業主婦をしていたり、アルバイトではなく社員として働くものだと思われている世の中です。

主人公の女性は普通では無いものとして扱われて、人から可哀想な人だと思われてしまいます。しかし、彼女はそのいわゆる「普通」というものになりたいとは全く思っていません。

 

「普通」とは何なのかを考えさせられる小説です。

 

 

考えさせられる小説!『きらきらひかる』

f:id:qoobee:20200409121401j:image

 

最近のニュースはコロナ関連ばかりなので、今日はニュースの記事の紹介ではなく、最近読んだ小説の紹介です。

 

江國香織さんの『きらきらひかる』です。

「ホモの夫の睦月」と「アルコール中毒で情緒不安定」な妻の笑子の夫婦の物語です。

 

睦月は女性を抱くことは好まず、子供をつくることはできませんが、良く癇癪を起してしまう笑子を優しく支えます。2人は、お互いの普通とは違う部分を許し合い、満足な生活を送れるはずでした。

しかし、世間は認めてくれません。2人の事情を考えず、子供をつくるべきだなどと一般的な人たちの生活を強いようとしてきます。

逆風の多い世の中で二人はどうなっていくのでしょうか。

 

幸せの形は人それぞれであるということを再確認させられる小説です。