暇人日誌

理系大学生が自分の趣味のことを書いています。

北朝鮮「感染者ゼロ」??なぜ??

世界中でコロナウイルスの感染が広がっている中、北朝鮮は「感染者なし」とアピールしているそうです。

多くの感染者がいるであろう中国と隣接しておきながら、そんなことがあり得るのでしょうか。

海外の国も「そんなことがあり得るのだろうか」と疑っているようですが、北朝鮮には厳しい情報統制があるため内情をしることは難しそうです。

 

これが本当なのか嘘なのかは分かりませんが、北朝鮮のこの豪語の理由を考察した記事があります。

今回は、東洋経済の解説部コラムニストの福田恵介さんの記事である『北朝鮮が「感染者ゼロ」と豪語する裏の事情』(https://toyokeizai.net/articles/-/343088)という記事を紹介します。

「0(ゼロ)」の数字(人文字)

 

なぜ感染者数を抑えれているのか

北朝鮮と他国とのコロナウイルス対策の大きな違いは行動の早さです。早いうちから以下のように対策していったようです。

  • 中国との国境封鎖
  • 鉄道と航空便を停止
  • 外国からの入国者を隔離
  • 手洗いやマスクの使用方法の紹介

外国からきて隔離されている人々のことを「医学的監視対象者」とよび、これらは感染者のことではない。

3月に入って隔離機関の1か月が過ぎました。ここで、北朝鮮は感染防止に関して自信を付けたのではないかと言われています。

 

完全に私個人の意見ですが、もし北朝鮮の「感染者ゼロ」という発言が嘘だったとしても、明確にばれていないということは、他国と比べて感染拡大を抑えられているということではないでしょうか。やはり行動の早さ、人の移動量の減少、手洗いマスクは重要なようです。私たちも北朝鮮から学べることがありそうです。

 

コロナウイルスによる北朝鮮の幸運

幸運の招き猫

コロナウイルスにより、北朝鮮にはいくつかの幸運があったようです。

米韓合同軍事演習の中止

毎年春にアメリカと韓国が合同で軍事演習をしています。今年、コロナの影響でこれが中止となりました。この軍事演習を脅威としていた北朝鮮にとって、大きな経済負担がなくなります。

経済制裁の緩和

現在、北朝鮮へのアメリカ主導の経済制裁が続いています。このうち、コロナ対策という人道的な理由から、医療支援品を制裁対象品目から解除するという動きが出始めているようです。

 

コロナウイルスによる北朝鮮の不運

「目の前を横切る黒猫」の写真

さすがに良いことばかりではありません。北朝鮮にもコロナによる悪影響はあります。

地下資源の需要の減少

北朝鮮の輸出品目のうち、最も重要なのは、石炭や鉄鋼などの地下資源です。コロナ感染拡大により世界経済が悪化しているため、これらの地下資源の需要は減り、値段は下がっています。北朝鮮の外貨収入は減るでしょう。

労働者の賃金減少

北朝鮮は外国へ労働者を派遣しています。世界経済が悪化すれば、当然彼らの賃金は下がりますし、職の数も減ります。これも北朝鮮の外貨収入の減少の原因となるでしょう。

 

「感染者ゼロ」を豪語する理由とは

北朝鮮も以上の状況を厳しく認識しています。こうして自分たちが生み出した成果を豪語することによって、外交・経済的難関を克服するために国民を鼓舞しているようです。

 

参考文献

https://toyokeizai.net/articles/-/343088

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200408/k10012375961000.html

https://www.afpbb.com/articles/-/3276835